このサイトは、結婚式の挨拶に関するサイトです。結婚式 挨拶の参考にして下さい。

 結婚式 挨拶

結婚式の挨拶・・・。慣れていない人にとっては緊張してしまいます。しかし、結婚式の挨拶を頼まれたら、やっぱり上手にしたいですよね。新郎、新婦の挨拶、媒酌人、乾杯の挨拶など、結婚式の挨拶に関するお手伝いをするサイトです。結婚式 挨拶の例文や、挨拶の作り方など、紹介してゆきます。



同僚・友人の挨拶 注意点

さて、エピソードはどういった立場なのか?ということで、友人としてなのか、幼馴染なのか、会社の同僚なのか?と色々なものが考えられます。しかし、注意点があります。まず、

1 暴露話はやめる
2 上から目線はやめる
3 なれなれしすぎない

といった所でしょうか。
やはり、同僚、友人ということですので、上からの教訓的な話は鼻につきます。
また、暴露話は面白いとこちらが思っていても、新郎新婦からすれば「恥をかかされた」となるかもしれません。
さらに、おめでたい席であり、やはりある程度はあらたまった席ですので、あまりなれなれしすぎると参列者の中には、あなたの人格だけでなく、新郎新婦の人格まで疑う人がいるかもしれない、ということを覚えておくべきでしょう。

友人としてのエピソードを

基本は、「友人として付き合いをはじめ、今に至る中で知りえた彼(彼女)の一面を語る」という部分です。あなただけしかしらない一面を語ると良いでしょう。まずは基本どおり、あなたが知っている、彼(彼女)の人柄。仲の良い付き合いをしてきたことで知り得た新郎新婦の人間性や人柄など、ユーモアを交えながら話したいところです。

また、新郎(新婦)と昔からの付き合いであれば、楽しい思い出話の一つや二つがあるとでしょう。ここでも基本は「あなただけの」という部分です。

失敗談もあり・・・といえばあり

友人として、ちょっとした失敗談などをユーモアを交えて話すと、新郎新婦の人間味あふれる一面をうかがることができます。もちろん、その後はその失敗を補ってあまりある長所を褒めることも忘れずに!また、失敗談が悪口とならないよう、バランスを考えることも大切です。当人が傷つけばそれはユーモアではなく、単なる悪口です。十分注意しましょう。

     
結婚式 挨拶  All Rights Reserved. 2013

結婚式 挨拶 TOPこのサイトについてサイト利用前に相互リンクリンクの注意