このサイトは、結婚式の挨拶に関するサイトです。結婚式 挨拶の参考にして下さい。

 結婚式 挨拶

結婚式の挨拶・・・。慣れていない人にとっては緊張してしまいます。しかし、結婚式の挨拶を頼まれたら、やっぱり上手にしたいですよね。新郎、新婦の挨拶、媒酌人、乾杯の挨拶など、結婚式の挨拶に関するお手伝いをするサイトです。結婚式 挨拶の例文や、挨拶の作り方など、紹介してゆきます。



結婚式 挨拶の基本構成

さあ、今まで色々と注意点を見てきました。「原稿を作ろうと思っているのに、なかなか作れないな」と思っている人もいるかもしれません。ここでは、挨拶の基本構成というものを紹介したいと思います。これと今までの説明してきたことをあわせて、ようやく挨拶の原稿作成に取り掛かれるわけです。それでは早速説明しましょう。結婚式の挨拶というものは、大きくわけると5つに分類することができます。

  1. お祝いの言葉、祝辞の言葉
  2. 自己紹介
  3. テーマ、メインエピソード
  4. 励ましの言葉
  5. 結びの言葉

と、いう形で構成されます。では、早速それぞれをみてゆきましょう。

挨拶の基本構成

1 お祝いの言葉、祝辞の言葉
これは、「おめでとうございます」といったものです。他には

「○○さん、××さん、そして、ご両家の皆様、本日は心よりお祝い申し上げます」
などがあります。

2 自己紹介
ここでは、新郎(新婦)と自分はどういった関係であるのか?ということを述べます。通常はご挨拶をしていただきます、〜〜さん、スピーチをお願いします、などと司会の方から指名を頂くと思いますので、このときに、

「先ほどご紹介にあずかりました、〜〜でございます。新郎の○○くんとは同じ会社で営業部に所属しております」
などとやるわけです。

3 テーマ、メインエピソード
ここは、あなたの結婚式挨拶でもっとも大切な部分となります。あなただけが知るエピソードなどがあれば、よいですね。具体的なもので、想像しやすいもの、そして、聞いた誰かが不快にならない内容のものがよいでしょう。仮に、落とすとしても、すぐにもちあげることのできる、フォローの言葉、エピソードであるべきでしょう。

「○○くんとは入社当時から、同じチームで働いておりました。最初、彼を見たときの印象は、とても真面目で、誠実そうな人だな、というものでした。事実、彼は仕事に一生賢明に取り組み、入社して間もないというのに、着実に営業成績を伸ばし、二年後には・・・・・」などといった具合です。

ほかに、
・ 新郎、新婦の出会い、なれそめに関するエピソード
・ 新郎、新婦の性格や、人柄がにじみ出るようなエピソード
・ 子供時代、学生時代、など、二人との思い出のエピソード
・ 新郎、新婦の趣味や特技に関するエピソード
・ 新郎、新婦の会社での仕事ぶりなどに関するエピソード
などが思いつきます。

4 励ましの言葉
新生活に向けた、二人への励ましの言葉などをおくります。仮にあなたが上司や人生の先輩などといった立場であれば、これからの結婚生活にかんするアドバイスなどでもよいでしょうが、同僚、友人といった立場であれば、あまり尊大な言葉を盛り込むのは「上からみている」感じとなり、印象は悪くなりますので避けましょう。

「二人とも本音で何でも話しあえるような、そんな中むつまじい夫婦になってください。また、そうなれるであろうと私は確信しております。」
などがあります。

5 結びの言葉
これは二人への幸せを祈る言葉、参列者への感謝の言葉で締めくくります。

「これからも二人、仲良く手と手をとって、どうぞいつまでもお幸せに。簡単ではございますが、これをもちまして私からのお祝いの言葉にかえさせていただきます」
などというものです。

これらはあくまでも基本構成であり、それぞれの立場によって挨拶も若干変わってきます。しかし、この基本構成をみると、結婚式の挨拶がそれほど難しいものではない、ということがわかっていただけたのではないでしょうか。詳しくはそれぞれの立場によって挨拶の注意点、基本構成、実際の例文などで紹介してゆきたいと思います。

     
結婚式 挨拶  All Rights Reserved. 2013

結婚式 挨拶 TOPこのサイトについてサイト利用前に相互リンクリンクの注意