このサイトは、結婚式の挨拶に関するサイトです。結婚式 挨拶の参考にして下さい。

 結婚式 挨拶

結婚式の挨拶・・・。慣れていない人にとっては緊張してしまいます。しかし、結婚式の挨拶を頼まれたら、やっぱり上手にしたいですよね。新郎、新婦の挨拶、媒酌人、乾杯の挨拶など、結婚式の挨拶に関するお手伝いをするサイトです。結婚式 挨拶の例文や、挨拶の作り方など、紹介してゆきます。



おめでとうございます。宮崎あおい 4歳年上俳優と結婚


女優の宮崎あおい(21)と俳優の高岡蒼甫(そうすけ、25)が大安の15日、電撃結婚しました。連名のファクスで発表しています。


あの、女優の宮崎あおいちゃんが結婚ですからね。相手は俳優の高岡蒼甫さんなので、まあ納得、といえば納得ですが、悲しむ男性ファンがおおいでしょうねえ。


とはいえ、おめでたいことですから、あおいちゃんの幸せを願ってあげましょう!


6月15日に揃って都内で婚姻届を提出したそうですよ。所属事務所を通じたファクスには「まだまだ未熟なふたりではありますが、幸せな家庭を築いてまいります」とのことです。


彼らは2006年に熱愛が報じられたものの、破局説も流れていたような・・・まあ、水面下では、二人は続いてたんですね。


お二人は知り合ってから七年以上経過しています。七年というとけっこうながいですよね。結婚を考えるころになっていても不思議ではありません。


高岡蒼甫氏は、自信のブログで次のコメントをのこしておられます。


「彼女はいつの日も、どんな障害があっても側で温かく見守っていてくれました。自分にとっては向日葵のような存在とでも言いますか、側に居るだけで明るい気持ちになる人です。」・・・彼女のことを愛しているんですね。

結婚式はきっとステキなものになるでしょう。


ご結婚、おめでとうございます^^


結婚式の挨拶・・・・何をどういえば?

結婚式の挨拶。結婚式といえば、挨拶がつきものです。新郎はもちろん、新婦も花嫁から両親に送る手紙、という形などで、結婚式の挨拶が求められます。そのほかに、友人、同僚としての挨拶を求められたり、来賓、主賓としての挨拶を求められることもあるでしょう。つまり、これら、結婚式の挨拶に求められるものは、その人の立場によって異なる、ということです。したがって、あなたが今どういった立場で結婚式に招待されているのか?というケースごとを想定し、それぞれの立場で必要とされる結婚式の挨拶を考えてみたいと思います。
 このサイトでは、媒酌人、主賓、上司、先輩、同僚、友人などといったそれぞれの立場で求められる結婚式の挨拶について、基本構成、立場による注意点、実際の挨拶の例文などを紹介してゆきたいと思います。また、結婚式では乾杯の挨拶も必要ですが、これについてもいくつか紹介し、例文をあげてゆきたいと思います。
結婚式 挨拶はこちら
結婚式 服装はこちら

結婚式の挨拶で大切なこととは・・・?

 結婚式の挨拶では、どういったことが最も大切なのでしょうか?もし、あなたが招待客で結婚式の挨拶を求められる立場であるとすれば、やはり「新郎、新婦の二人をお祝いする気持ち」ということになるでしょう。もちろん、話し方、姿勢、挨拶の文章つくりというテクニックも大切なものだといえるでしょう。しかし、それ以上に大切なことは、祝福する気持ちであり、それさえあれば、あなたの挨拶はきっとすばらしいものになると思うのです。逆に、いくら話し方が上手であったとしても、新郎新婦をお祝いする気持ちのない、いわゆる義理でのスピーチであれば、それはきっと伝わってしまうでしょう。仮に伝わらなかったとしても、そういった結婚式の挨拶をすることに意味はないはずです。何はともあれ、まずは二人の結婚式を素直に喜んであげてください。

両親、新郎新婦による結婚式挨拶

招待客が行う結婚式の挨拶も大変重要であり、二人の結婚式に花を添えるものではありますが、それよりも両親や親族の挨拶はかなり緊張してしまいます。と、いうのは、やはり主催者を代表するような形になるからです。もちろん、二人の結婚を祝福し、さらに出席者へのお礼の気持ちも表す、というとても重要なものですから、それもうなずけるところです。

また、新郎新婦からの挨拶も、参列者へのお礼の気持ち、両親、親族への感謝の気持ち、今日の日を迎えられた喜びを表す気持ち、と多くのことをコンパクトに、わかりやすく、(何よりも大切なのは気持ちでしょうが)伝える必要がありますので、やはりこれもとても大切なものです。

もちろん、両親や新郎、新婦の挨拶もこのサイトでは紹介しておりますので、結婚式 挨拶の参考になると思います。
     
結婚式 挨拶  All Rights Reserved. 2013

結婚式 挨拶 TOPこのサイトについてサイト利用前に相互リンクリンクの注意