このサイトは、結婚式の挨拶に関するサイトです。結婚式 挨拶の参考にして下さい。

 結婚式 挨拶

結婚式の挨拶・・・。慣れていない人にとっては緊張してしまいます。しかし、結婚式の挨拶を頼まれたら、やっぱり上手にしたいですよね。新郎、新婦の挨拶、媒酌人、乾杯の挨拶など、結婚式の挨拶に関するお手伝いをするサイトです。結婚式 挨拶の例文や、挨拶の作り方など、紹介してゆきます。

結婚式の挨拶・・・・何をどういえば?
結婚式の挨拶。結婚式といえば、挨拶がつきものです。新郎はもちろん、新婦も花嫁から両親に送る手紙、という形などで、結婚式の挨拶が求められます。そのほかに、友人、同僚としての挨拶を求められたり、来賓、主賓としての挨拶を求められることもあるでしょう。つまり、これら、結婚式の挨拶に求められるものは、その人の立場によって異なる、ということです。したがって、あなたが今どういった立場で結婚式に招待されているのか?というケースごとを想定し、それぞれの立場で必要とされる結婚式の挨拶を考えてみたいと思います。
 このサイトでは、媒酌人、主賓、上司、先輩、同僚、友人などといったそれぞれの立場で求められる結婚式の挨拶について、基本構成、立場による注意点、実際の挨拶の例文などを紹介してゆきたいと思います。また、結婚式では乾杯の挨拶も必要ですが、これについてもいくつか紹介し、例文をあげてゆきたいと思います。
結婚式の挨拶で大切なこととは・・・?

 結婚式の挨拶では、どういったことが最も大切なのでしょうか?もし、あなたが招待客で結婚式の挨拶を求められる立場であるとすれば、やはり「新郎、新婦の二人をお祝いする気持ち」ということになるでしょう。もちろん、話し方、姿勢、挨拶の文章つくりというテクニックも大切なものだといえるでしょう。しかし、それ以上に大切なことは、祝福する気持ちであり、それさえあれば、あなたの挨拶はきっとすばらしいものになると思うのです。逆に、いくら話し方が上手であったとしても、新郎新婦をお祝いする気持ちのない、いわゆる義理でのスピーチであれば、それはきっと伝わってしまうでしょう。仮に伝わらなかったとしても、そういった結婚式の挨拶をすることに意味はないはずです。何はともあれ、まずは二人の結婚式を素直に喜んであげてください。

両親、新郎新婦による結婚式挨拶

招待客が行う結婚式の挨拶も大変重要であり、二人の結婚式に花を添えるものではありますが、それよりも両親や親族の挨拶はかなり緊張してしまいます。と、いうのは、やはり主催者を代表するような形になるからです。もちろん、二人の結婚を祝福し、さらに出席者へのお礼の気持ちも表す、というとても重要なものですから、それもうなずけるところです。

また、新郎新婦からの挨拶も、参列者へのお礼の気持ち、両親、親族への感謝の気持ち、今日の日を迎えられた喜びを表す気持ち、と多くのことをコンパクトに、わかりやすく、(何よりも大切なのは気持ちでしょうが)伝える必要がありますので、やはりこれもとても大切なものです。

もちろん、両親や新郎、新婦の挨拶もこのサイトでは紹介しておりますので、結婚式 挨拶の参考になると思います。

結婚式 挨拶 私自身のこと・・・

私自身の結婚式の思い出について
 このサイトは、結婚式を挙げられるものの、どういった挨拶をしようか、と迷っている新郎、新婦、あるいは結婚式の挨拶を求められているが、さてどういった文章にしようか、と悩んでいる招待客、またば媒酌人の方の参考になれば、と思い作成しました。私達自身が結婚式を挙げたとき、もっとも困った、わからない、という内容の一つが「新郎からの挨拶」であり、「新婦からの花嫁の手紙」でした。私自身、結婚式を挙げるのは初めてでしたので、「新郎からの挨拶を最後に入れますから、文章を考えておいてください。」と結婚式場の担当者に言われたときは非常にこまりました。もちろん、嫁さんも同じです。特に、彼女は普段から文章を作ったりすることもありませんから、どのようにしたらよいのか、結婚式の前日まで文章作成していなかった、という始末です。なんといっても花嫁から両親へ送る手紙、というのは、結婚式ラストを飾る、クライマックス、盛り上がり、感動の部分なわけです。ところが、それも前日になってもできていない・・・。彼女のあせる気持ちはよくわかりました。
結婚式前夜の大喧嘩

さて、そんな中で、私は何とか新郎からの挨拶を考えることができました。色々と勉強し、そのおかげでまあ恥ずかしながらなんとか形にはなったな、というものに仕上がりました。(・・・まあ、そこで勉強したことを、このサイトで皆さんに公開して同じような人の助けになれば・・・というところですが)ところが、彼女は夜になってもできません。花嫁からの手紙が全然完成しないのです。最後には、ささいなことで口論となり、ついには大喧嘩となってしまいました。彼女は夜の12時を過ぎてから、車にのってどこかで出て行ってしまいました。私も内心、どうなることか・・・・。明日の結婚式はどうなるんだ・・・・。朝は早いのに、おきらられるだろうか・・・。いや、それよりも、彼女はこのまま戻ってこないのかも・・・・。などと色々な心配をしたものです。

夜中の2時まで・・

それから一時間くらいが過ぎたと思います。彼女は泣きながら帰ってきて、「文章ができないから、一緒に考えて」といいました。どうやら、海の見える港(近くにあります)で車にのって、泣きながら文章を考えていたけどやっぱりできなかった、ということらしいです。私も安心して、仲直りをし、二人で一緒に文章を考えました。

夜中の二時くらいまでかかりましたが、どうやら花嫁からの手紙は完成しましたし、私達二人も仲直りをすることができましたので、眠りにつくことにしました。そして、翌日の結婚式では彼女の花嫁からの手紙は、とても感動的なものとなりました。・・・・・まあ、結果オーライでよかったのですが、今から結婚式を挙げるお二人は、結婚式前に大喧嘩、なんてことのないように注意して、新郎は新婦をやさしくあつかってあげてくださいね。もちろん、結婚式に招待されている、あなたも、結婚式が終わった後で二人が大喧嘩、そのまま離婚、なんてことのならないような結婚式の挨拶にしてあげてください。暴露話は絶対!だめ!です(笑)

     
結婚式 挨拶  All Rights Reserved. 2013

結婚式 挨拶 TOPこのサイトについてサイト利用前に相互リンクリンクの注意